さいたまYEG Blog

「 ブログ一覧 」一覧

6月講師例会

今年度加賀﨑彰人会長は、「知・情・意」研鑚と情熱が次代への礎となるをスローガンに掲げ、日本資本主義の父である渋沢栄一翁の言葉にあるように、YEG活動を通じて、次代のビジネスを動かす経営者として知恵、情愛、意志を身に付けて欲しいと語りました。

6月16日(水)に開催された6月例会「講師例会」では、「デジタルマーケティングの真髄を学ぶ Live!生コンサルティング大公開!」と銘打ち、伊藤 昴介氏を講師に招き、現役さいたまYEGメンバー(南 まゆ子君、志水富幸君)の実例を通じて「発信から購買までの仕掛けづくり」について対談講演を行いました。さらに会員同士の相互理解をサポートする新たなデジタルツール「さいたまYEGつながるビジネスWeb|https://b-web.yeg.gr.jp」についてのプロモーションも行われました。


◆講師 伊藤 昴介 氏
株式会社 WonderShake 取締役COO。
950万DLされている女性向けメディア「LOCALI」を開発。デジタルを活用したマーケティング、事業開発に精通。近年はD2Cビジネス事業責任者として事業の立ち上げ、推進を行なっている。





寄贈式典

5月20日、日本商工会議所青年部が制作した「おかねってなぁに?」を150冊市教委に寄贈してまいりました。
絵本は市内図書館(25館)小学校(104校)に配布されます。
寄贈式典には加賀﨑会長、稲田副会長、清水専務が出席し、細田教育長様には大変喜んでいただき、和やかな雰囲気の中式典が進められ、有意義な時間を過ごさせていただきました。




4月通常会員総会

4月28日(水)に「4月通常会員総会」がロイヤルパインズホテル浦和3階プラチナルームにて開催されました。

総会当日は、コロナ禍の中、密にならない席配置、手指の消毒、マスク着用を徹底し、会場での感染対策をしっかりと行いました。
また、総会当日は、令和2年度事業報告及び決算報告の承認並びに令和3年度修正予算の承認といった令和2年度の集大成となる事項及び令和3年度のさいたまYEGの活動の核となる重要事項が議題となりましたが、委任状も含めて総会員数の2分の1以上の出席という定足数を無事確保することができ、いずれの議題も全会一致にて承認可決されました。

さらに、4月通常会員総会では、総会の状況を、Zoomを利用してオンライン配信するという新しい試みも行いました。コロナ禍の中、このような新しい試みは、今後も重要となってくると思いますので、今後も意識して取り組んでいきたいと思います。

最後になりますが、総務委員会メンバーの準備から総会当日の設営に至るまでの多大なる協力に感謝を申し上げ、4月通常会員総会の事業報告とさせていただきます。





4月例会「彩桜会」

4月28日に今年度の出発式となる「彩桜会」が浦和ロイヤルパインズホテルのロイヤルクラウンにて開催されました。

新型コロナウイルス感染症対策として例年とは違い、飲食の無い形での設え、また円卓ではなくシアター形式でのソーシャルディスタンスを確保した着座となりましたが、さいたま市長をはじめ多くのご来賓にご参加頂き、お祝いのお言葉を頂戴致しました。
また会員、OBを併せて約100名の参加を頂きました。

司会は13代目さいたま小町のまりあ小町、れい小町が務め、会に花を添えました。

YEG旗伝達式では、去年残念ながら開催出来なかった伝達式も併せて木内歴代会長、本橋直前会長、加賀﨑会長の3名で行う事が出来ました。

今年度会長の加賀﨑会長のご挨拶では、1年間の活動方針と共に、
「我々青年経済人は決して歩みを止めてはいけない、新型コロナウイルス感染症の脅威は去ってはいないが、新しい活動様式にて乗り越えて行く」といった力強いお言葉を頂戴しました。

今年度の役員、理事紹介ではステージにランウェイを設置し、音楽と照明により華やかなファッションショーのような演出をすることで会場を盛り上げ、改めて今年度への決意を固めました。




※撮影時のみマスクを外しています



YEGオールスター大感謝祭

3月事業「YEGオールスター大感謝祭」
令和3年3月27日(土)に関東ブロック商工会議所青年部連合会主催の「YEGオールスター大感謝祭」が開催されました。
本事業においては、事前に抗原検査で陰性が確認された者しか現地参加できない、キャッシュレス決済の徹底など、様々なコロナ禍における取組がなされていてさいたまYEGとしても学ぶことが多い事業であったと思います。
また、事前に親交を深めていた静岡YEGと現地で交流ができ、参加者は単会を越えた交流の魅力を感じることができたのではないかと思います。
ご参加いただいたメンバーの皆様、誠にありがとうございました。
さいたまYEGメンバーには、次年度も単会の事業だけでなく他単会の事業にも積極的に参加していただき、研鑽に努めていただければと思います。
つながる心 創造から未来へ 〜Power of Love〜


卒業式

緊急事態宣言下の中で開催とありました。コロナ対策をしっかりと行い密を避けながらの開催となりました。当日は卒業生・現役メンバー・OBの皆様、沢山の皆様にご参加を頂き、約100名のご参加を頂きました。卒業生の晴れの門出をお祝いするべく、拡大研修特別委員会一同、事前のリハーサルもしっかりと行い、開催させて頂きました。今回の卒業式では、小学校の卒業式をイメージし、形式的ではありますが、楽しさと記憶に残る卒業式をテーマに開催をさせて頂きました。卒業証書授与や卒業記念品贈呈に関しては、代表者1名ではありますが、壇上へご登壇を頂き、会長から直接お渡しを頂く設えとさせて頂きました。新入会員がメインで企画運営を行う例会であります。今年はコロナウイルスの影響により、事業例会の開催が少なかったこともあり、設営イメージが付きづらい事も懸念されましたが、当日はそんな心配もよそに、しっかりとした設営にて、開催出来ました。ご参加頂いた皆様。緊急事態宣言下の中でご参加を頂きまして、本当に有難う御座いました。また、開催をさせて頂きまして、本当に有難う御座いました。


3月通常会員総会

3月15日(火)に「3月通常会員総会」が開催されました。
コロナの情勢を受けまして、直前になってでも人数を極めて厳格に絞りまして、会場での観戦対策も厳重に行っての開催となりました。
当日は、次年度委員会事業計画及び予算の承認等が議題となりましたが、委任状も含めて無事定足数を確保し、またいずれの議題も全員からの賛成を得ることが出来ました。
また、当会は2018年に中期ビジョンを打ち立てていますが、毎年、その達成度の検証を行うことが予定されており、今年は、同日、会長によりその発表が行われました。
さらに、例年、3月通常会員総会は、アワードと称し、1年間を通じて顕著な活躍をしたメンバー、委員会を讃える時間を予定しており、単年度で体制が変わる当会にとっては重要な催しとなっております。今年も、一年を通じて様々な素晴らしい活躍がそこかしこにあったことが、広くメンバーに共有されました。
同日は、お祝い金授与式も執り行われ、出産、結婚等があったメンバー達が、壇上に呼ばれて祝われるなど、コロナ禍のマナーに注意しながらも、終始、和やかな総会となりました。


第40回全国大会「しあわせ福井さばえ大会」

令和3年3月5日(金)と6日(土)の2日間、第40回全国大会「しあわせ福井さばえ大会」が緊急事態宣言延長に伴い日程を元の3日から7日までの5日間から2日間へと変更し、オンラインプログラムにて開催されました。さいたまYEGからは43人がオンラインで参加いたしました。
コロナ時代への新しい取り組みとして今年度はリモートによる大会運営が多くみられましたが、時間がたつにつれて段々と、一堂に会す従来の運営方法の臨時的な代替方法としてではなく、リモートという映像だからこその企画や見せ方が生まれることで、時間や場所、あるいは距離の新しい使い方が画面を介した双方に生まれてきているような気がいたします。

次代への先導者として新しい創意工夫をもって変化に挑み、苦境の時こそ地域の発展の支えとなるべく、我々さいたまYEGはコロナ時代もしっかりと前を向き未来へ進んでまいります。

つながる心 創造から未来へ ~Power of Love~


##

##

##

##

Scroll Up