さいたまYEG Blog

「 ブログ一覧 」一覧

2022年度「12月通常会員総会」

12月21日(水)に「12月通常会員総会」がさいたま商工会議所会館2階にて開催されました。
 
当日は、第1号議案 令和5年度会長選任(案)の承認を求める件、第2号議案 令和5年度会長所信(案)及び基本方針(案)の承認を求める件、第3号議案 令和5年度役員選任(案)の承認を求める件、合計3つの議案が上程されました。
代理人選任届も含めて総会員数の2分の1以上の定足数を無事確保することができ、いずれの議題も全会一致にて承認可決されました。
 


 
承認後、令和5年度会長予定者挨拶が行われ、新たな年度の想いも語られました。
 
 

 
新入会員認証書授与式では、5名のメンバーが新たに加わり、ビジネスPRでは会員拡大委員会より2名の会員が活気あふれるスピーチを行いました。
出向者報告では、出向メンバー1人が壇上に上り、出向の楽しさや活動の報告がありました。
 


 
今回も令和4年度スローガンである「未来への扉」次代へ~チャンスをつかめ!!~
にふさわしい12月通常会員総会となりました。
 


 
※通常会員総会は、合計3回(4月、12月、3月)あり、年間のさいたまYEGの方針や予算等、重要事項の決定を行う最高議決機関として行います。
以後の総会も総務委員会メンバ一が一致団結し、主体的に行動することで円滑な総会運営を心掛けます。
 

 
総務委員会一同
 
「未来への扉」次代へ
~チャンスをつかめ!!~


2022年度 12月例会 「忘年会」

令和4年12月21日に浦和ワシントンホテルにて12月例会「忘年会」~仲間とつかめ!みんながチャンス!~を開催致しました。
 
委員会ごとの絆をより深めていただく為に、委員会対抗戦やメンバーから沢山の豪華協賛をいただき、全員にチャンスのある大抽選会を行いました。現役メンバーのみの例会という事もあり、とにかく皆に楽しんでもらいたいという思いで企画をさせていただきました。
 

 
メンバー同士の結束が固く、会場全体には笑顔と笑い声が響き渡り、さいたまYEGらしい時間を過ごすことができました。
 


 
楽しい時間はあっという間に過ぎていきましたが、今年1年の締めくくりにふさわしい忘年会となりました。
 
 

 
開催するにあたりご協力いただいた皆様方には心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。
 
会員交流委員会 委員長 島田裕美子


2022年度「新入会員オリエンテーション」

12月2日に新入会員を対象に新入会員オリエンテーションをレイボックボール(市民会館おおみや)にて開催しました。
 

 
第一部では、さいたま商工会議所事務局より木下氏にお越し頂き、私たちの所属する青年部、そして商工会議所の基礎について学びました。第二部では、倉澤会長や歴代会長含む経験豊富なメンバーにご協力頂き、Y E G活動をして行く上で大切なこと、人脈や自企業発展に向けたより実践的なお話を頂きました。新入会員だけではなく、私たち既存メンバーにとっても大変参考になりました。
 



 
その後の懇親会にも多くのメンバーにご参加頂き、さらに今年卒業するメンバーにもゲストとしてお越し頂き、新入会員同士だけではなく、さいたまY E Gとして交流を深めました。卒業式例会に向けてチームとしての一体感を感じることができ、さらにはその先の新入会員メンバーの活動の礎となる非常に有意義な新入会員オリエンテーションとなりました。
 
 

 


2022年度 11月事業「さいたま婚活2022」

令和4年11月23日(水・祝)にロイヤルパインズホテルにて今年度で12回目となる「さいたま婚活2022」~出逢おう♡運命の人と新しい自分♡開こう「未来への扉」~をさいたま市後援のもと開催いたしました。
 
参加者の皆様には11月5日に行った事前説明会にもご参加いただき、自己紹介やファッションのコツなど参加するにあたってのアドバイスをさせていただきました。
 

 
11月23日当日は緊張した面持ちで来場された参加者の皆様もだんだんと緊張がほぐれ、前半に行ったクイズ大会では参加者の中から自然と拍手が生まれたり、とても和気あいあいとしたムードの中、無事開催できました。フリータイムではペアになった人が参加できる縁日コーナーやカップルシートを上手く活用し、積極的に異性とお話しようという姿が見られ、笑顔のあふれる婚活パーティーとなりました。
 
この事業を通してさいたまYEGが地域に貢献し、また、さいたまYEGの魅力をお伝えできました。
 


2022年度 11月事業 「YEGの日」

11月19日
氷川神社と参道にてYEGの日のイベントが行われました。
 
※「YEGの日」とは!
YEGの日とは、11月11日を「YEGの日」と定め、同一日(またはその近日)に各単会が、それぞれの単会の事業を行い、YEGブランドを積極的にメディア等へ外部発信することによりYEGの存在感を高め、地域の時代を担う必要不可欠な存在としてのYEGブランドの確立により、単会での会員増強や会員の帰属意識・連帯感の高揚にも繋がっていくと期待し、平成24年度に制定されました。さらに、平成28年度には、一般社団法人日本記念日協会に記念日登録も行われております。
https://yeg.jp/yeg_day.html
 
氷川神社様のご協力の元、氷川参道でのYEGの日イベントでは、氷川マルシェ様とさいたまYEG合同で飲食物の出店、さいたまに因んだクイズ選手権、さいたま市産の香辛料を使用したベテラン麻婆豆腐調理人による麻婆豆腐の試食を行いました。
また、同時開催のさいたま未来産業まつりでは、レイボックホールでの各種企業の出展や、氷川神社境内や参道での猿まわし・鷹匠・昔遊び・キッズダンスも行われました。
 

 
当日は七五三ということもあり、氷川神社には数多くのご家族様がお越し頂き、晴天にも恵まれご参加頂いた多くの方の笑顔が見れる一日となりました。
様々な業種、自由な考え方を持つさいたまYEGメンバーだからこそ実現できたイベントだと感じました。
 


 
地域活性委員会の目的の一つである、地域と関わることやさいたまYEG会員は勿論、他の地域の会員の方にも楽しんで頂けたイベントとなりました。
 


 
ご協力、そしてご参加頂いた方や、お立ち寄り頂いた地域のみなさまに感謝申し上げます。
 
 
さいたま商工会議所青年部
地域活性委員会
委員長 小井戸 将
委員会メンバー一同


2022年度 関東ブロック大会蔵の街とちぎ大会

栃木でInnovation ~開け!未来への扉~                
10月15日(土)に「関東ブロック大会蔵の街とちぎ大会」が開催されました。
                                             
当日は事故や怪我もなくとちぎの魅⼒を体験、体感していただき、「関東ブロック大会蔵の街とちぎ大会」を終えることが出来ました。物産展には多くの方に参加していただき、大懇親会も含めてメンバーとの交流、他単会との交流と輪を広げていただきました。
 



 
新しい出会いの中で青年経済人として自己研鑽をし、自企業発展のチャンスに繋げ持ち帰っていただき、本大会を通して革新的なビジネスの創造を育み、経営者、地域の先導者として知見を広げチャンスをつかむキッカケとなれば幸いです。
 


 
*こちらは、日本商工会議所青年部・関東ブロック商工会議所青年部連合会が主催している会員大会であり、 本年度は栃木県商工会議所青年部連合会・栃木商工会議所青年部主管のもと、さいたまYEG皆で大会に参加をいたしました。 さいたまYEG以外の他単会との交流をもてる大会となっております。
 
「未来への扉」次代へ ~チャンスをつかめ!!~
新規事業委員会一同
委員長 伊藤 大輔


2022年度 10月事業『15代目さいたま市商工業イメージアップキャラクター募集』

10月22日(土)に15代目「さいたま市商工業イメージアップキャラクター」の最終オーディションが浦和コミュニティセンター多目的ホールにて開催されました。

 

今年度は、【さいたま市が大好きで行動力のある人】をテーマに募集を行いました。また、【15周年記念プロジェクト】と題し、募集段階から歴代小町や市民、商工業者、子どもたちの声を集めながら、プロモーション活動を行った結果、43名の応募をいただくことができました。

1次・2次選考を経て最終オーディションには9名の候補者が登壇され、さいたま市の魅力を伝えていただきました。審査は、行動力や説明力などの5項目と一般の方々も参加可能なSNSのいいね加点で採点し、審査の結果、樋口文乃さん(19才、大学生)と西川朋花さん(19才、大学生)が15代目さいたま市商工業イメージアップキャラクターに選出されました。

お二人には、さいたま市内商工業のイメージアップを図るため、さいたま商工会議所主催の各種行事やさいたま市公式行事など1年間にわたって公式な場でご活躍いただきます。

当日の様子は、さいたまYEG公式YouTubeチャンネルで配信しております。
視聴URL:https://youtu.be/nP5eLlrq4TE


2022年度「研修と交流の集い 蕨大会」

「和楽う門には福来る」~蕨で笑顔になろう~
9月3日、10日と2週に渡り、「研修と交流の集い 蕨大会」が開催されました。
 
3日は、ZOOMにて記念式典、基調講演
「猫ひろしの作り方、ワハハの作り方」~ショービジネスの作り方を学び、自企業発展への学びを得る~講師:喰 始様/猫 ひろし様の基調講演に参加し、自企業発展に向けた、ワハハの作り方への認識や知識を深めていただきました。
 


 
10日は、現地にて分科会、懇親会
分科会では「わらフェス」スタンプラリーを視察していただき地域の活性化、商工業の発展のため行う「わらフェス」を体感、大懇親会では各テーブル席に分かれ他単会との交流の輪を広げていただきました。

 



 
久しぶりの対面開催となり、当日は事故や怪我もなく大いに会場は盛り上がり、みんなで笑い、共に楽しみ、前向きで元気な気持ちで「研修と交流の集い 蕨大会」を終えることが出来ました。
 
今回の大会で得たことを、地域に持ち帰り、今後の自身の活動に生かしていただけたら幸いです。
 




 
*こちらは、埼玉県商工会議所青年部連合会が主催している会員大会であり、本年度は蕨YEG主管のもと、さいたまYEG皆で大会に参加をいたしました。
さいたまYEG以外の他単会との交流をもてる大会となっております。
 
「未来への扉」次代へ
~チャンスをつかめ!!~
 
総務委員会一同
委員長 齋藤 有友子


2022年度10月事業 パートナーシップ構築宣言2022~スポーツがつなぐ未来の幕開け~

2022年度10月事業 パートナーシップ構築宣言2022~スポーツがつなぐ未来の幕開け~を」10月8日、9日、10日の3日間において開催いたしました。
 
昨年度、さいたま市をホームタウンとする浦和レッドダイヤモンズ様、大宮アルディージャ様、T.T 彩たま様、さいたまディレーブ様のプロスポーツチーム4団体様とそれぞおれにパートナーシップ構築宣言を締結させていただきました。今回は、さいたま YEGメンバーに向けた周知の機会を創出するべく、4団体様にご協力をいただき開催いたしました。
 
10月8日は、浦和レッドダイヤモンズ様ご協力のもと、埼玉スタジアム 2002にて、浦和レッドダイヤモンズ株式会社 代表取締役社長 立花様にご挨拶をいただき、パートナー・ホームタウン本部本部長 白戸様より貴重なお話をいただきました。講演後には、J1リーグサガン鳥栖戦を観戦し大変盛り上がりました。
 






 
10月9日は、大宮アルディージャ様にご協力いただきNACK5スタジアム大宮にて、フットボール本部長 原博実様の講演、取締役経営戦略本部長兼事業本部長 松田様、金田様に貴重なお話をいただきました。講演後には、J2 リーグレノファ山口戦を観戦し大変盛り上がりました。また試合前には第14代さいたま市商工業イメージアップキャラクター さき小町、しおり小町による両チームキャプテンへの花束贈呈が行われました。
 





 
10月10日午前には、T.T 彩たま様にご協力いただき T.T 彩たま卓球ステーション浦和美園にて、T.T 彩たま 木村様よりお話をいただき、岸川監督、渡辺選手、曽根選手によるトークショーが行われました。その後、選手によるエキシビジョンマッチの観戦、プロ選手のサーブ体験、ミニゲームなどが行われ、お子様も参加いただいていたこともあり大人からお子様まで夢中になっていました。最後には監督、選手のサイン会も行っていただきました。
 






 
10月10日午後は、さいたまディレーブ様にご協力いただきディレーブテラス、ナチュラルダイニング菜素美の2会場にて開催いたしました。さいたまディレーブを代表して若杉様より貴重なお話をいただきました。また、藤田選手、桂選手、大山選手にご参加いただきロードバイク体験や映像を活用したレース解説が行われました。ロードバイク体験後には、大人でも脚がふらついてしまい、改めてプロ選手の凄さを実感いたしました。
 






 
3 日間を通して、プロスポーツの魅力を知り、体感・体験できた機会となりました。
ご協力・ご参加頂いた皆様に改めて御礼申し上げます。
 
「未来への扉」次代へ
〜チャンスをつかめ!!〜
 
広報委員会一同
委員長 川田 雅一


2022年度9月事業 第一弾 彩食健美~心も身体もまるまるに~

9月17日まるまるひがしにほんを使った事業 第一弾 彩食健美~心も身体もまるまるに~を開催いたいました。
 
「美と健康」に特化したビジネスマッチング型の催しものとして、1階では11店舗の美と健康に関連した物販と施術に分かれた催事を行いました。
2階では4名の美と健康に関係した講師の先生をお呼びして講演会を開催いたしました。
一般来場者も迎えいれての開催だったので、たくさんのお客様に来場していただきました。
 
1階のブースでは、女性のお客様が多く、ネイルやエステを施術する方やお買い物をする方で、とってもにぎわっていました。
 








 
2階の講演会では感染対策もしながら、収容人数の半分以下に抑えて、生ライブ配信で視聴することもできました。
 




また、各店舗、ビジネスマッチングにも力を入れていたので、さいたま市の商工業を盛り上げれるきっかけになれたかと思います。
地域の方々とつながることができて、多くの方々のご協力と仲間の大事さを痛感いたしました。無事に終えることができたことに感謝申し上げます。

 

 


Scroll Up