さいたまYEG Blog

「 saitama-yeg 」一覧

こんなさいたま市にしたい!プロジェクト~皆様の声がさいたま市の未来につながる~ 

私達、さいたま商工会議所青年部は、毎年、政策提言活動を行っています!
そこで、下記のアンケートを実施させて頂き、地域の皆様のご意見を、政策提言活動の参考にさせて頂きたいと思います。皆様のご意見をお待ちしております!

 

~こんなさいたま市にしたい!プロジェクト内容~

 

【アンケートご回答対象者】
さいたま市にゆかりのある方
例:さいたま市在住、在勤、その他ご実家がさいたま市 など

 

【期間】
令和4年12月31日まで

 

【質問】
どのような活動をすると、さいたま市のより良い未来につながると思いますか?

 

例えば……
〇〇のような活動があると、もっと、まちが賑わう。
〇〇のような活動があると、市内の商工業者の経営が安定する。

 
下記☟よりご回答をお願いします
【アンケートURL】
https://forms.gle/X4XGTNn9VSSn7gWe6

 

【アンケートQRコード】

~政策提言活動とは~
●○○が実現すると、さいたま市がより良くなると思います。
●実現のために、『後援をして欲しい』『条例を改正して欲しい』

 

というように、もっと豊かで魅力あふれるさいたま市にするために、意見や考えを提言する活動です。

 

一年に一度、青年部で集約した意見を、さいたま商工会議所へ提出し、さいたま商工会議所からさいたま市へ提言する活動になります。

 

お問い合わせ先
さいたま商工会議所青年部
政策提言委員会 政木健太 090-8082-3236
事務局 048-838-7703


2022年度 4月例会 彩桜会

令和4年4月27日(水)、4月例会 彩桜会を開催致しました。
コロナ禍ではありましたが、感染対策をしっかり行い、飲食有りでの彩桜会を開催することができました。
受付時に、抗原検査陰性確認、接触を避けるためにQRコード受付『イーベ』を実施して、非接触型受付を試みました。又、テーブル上ではアクリル板を1人ずつ設置して安心な食事を取ることができました。

今回のテーマでもあります『次代への扉~seach a leader~』倉澤会長の方針をみんなで共有できる場を創りあげたくて、新たな取り組みを設えました。未来的な巨大なLEDパネルとプロジェクターを使って、映像に力を入れました。

理事紹介の時には、さいたまYEG初女性会長と女性理事が6人という事で、男性社会の中でも強い女性をアピールするために、男女共に気合いの入った服装でアトラクション時の映像を作成しました。

来賓の方からの温かいお言葉も頂き、倉澤年度の新たな出発の場になりました。彩桜会を開催する事に伴い、多くの方のご協力、仲間の大事さを痛感いたしました。


2022年度 4月通常会員総会

新年度、最初の事業となる第1回目 通常会員総会を4月27日(水)にロイヤルパインズホテル浦和3階プラチナルームにて執り行いました。

当日は多くのメンバーが参加し、第1号議案 令和3年度事業報告(案)の承認を求める件、第2号議案 令和3年度決算報告(案)の承認を求める件及び監査報告、第3号議案 令和4年度修正予算(案)の承認を求める件、合計3つの議案が上程されました。

今回は初の試みであるGoogleフォームでの代理人選任届を取り入れたことで、適切且つスムーズに総会員数の2分の1以上の定足数の確保がされ、全会一致にて無事審議が可決されました。

続いて新入会員認証書授与式では、2名のメンバーが新たに加わり、ビジネスPRでは会員拡大委員会より1名の会員が活気あふれるスピーチを行いました。

出向者報告では、さいたまYEGの出向メンバーの多くが壇上に上り、勢いを感じる報告がありました。

2022年度スローガンである「未来への扉」次代へ~チャンスをつかめ!!~
と新年度にふさわしい通常会員総会となりました。

※通常会員総会は、合計3回(4月、12月、3月)あり、年間のさいたまYEGの方針や予算等、重要事項の決定を行う最高議決機関として行います。
以後の総会も総務委員会メンバ一が一致団結し、主体的に行動することで円滑な総会運営を心掛けます。


卒業式・謝恩会

令和4年3月23日に3月例会「卒業式」を大宮の清水園さんにて執り行いました。
蔓延防止重点措置が解除されたこともあり令和3年度の最後の事業を対面で執り行えたことが嬉しく思います。
 
今年度は数々の事業が中止または延期となりましたが、さいたまYEGに貢献されてきた卒業生を盛大に送り出すために卒業式だけは中止にならないようにいくつかのパターンを想定し準備しました。
 
当日はOBの方も多数参加して頂き、今年度入会した新入会員にとってはさいたまYEGの歴史を感じるいい機会となりました。謝恩会では参加者で一体となりさいたまYEGの一体感を感じることが出来ました。
 
令和3年度卒業生の方々ご卒業おめでとうございました。


3月通常会員総会・さいたまYEG BPCグランプリ授賞式・さいたまYEGアワード

3月16日(水)に3月通常会員総会、「さいたまYEG BPCグランプリ授賞式」及び「さいたまYEGアワード」がさいたま商工会議所会館(浦和)2階にて開催されました。総会当日は、マスク着用を徹底し、会場での感染対策をしっかりと行うと共に、YouTubeを利用してオンラインで配信することで、現地参加が難しいメンバーにも視聴の機会を提供しました。
 
また、総会当日は、令和4年度委員会事業計画(案)及び予算(案)の承認を求める件、令和4年度事業予算(案)の承認を求める件、会員除名(案)の承認を求める件という3つの議題が上程されましたが、委任状も含めて総会員数の2分の1以上の出席という定足数を無事確保することができ、いずれの議題も全会一致にて承認可決されました。
 
「さいたまYEG BPCグランプリ授賞式」においては、コロナ禍の中で新規事業に挑戦したメンバーを称えると共に、「さいたまYEGアワード」においては、受賞者の興奮を現地参加者及びオンライン視聴者に最大限伝えることができるよう動画、照明、音響等の演出を行いました。
 
最後になりますが、総務委員会メンバーの準備から当日の設営に至るまでの多大なる協力に感謝を申し上げ、3月通常会員総会及び「さいたまYEGアワード」の事業報告とさせていただきます。
 


2月事業 第41 回全国大会「SETO の都 香川たかまつ大会」

2月24〜26日に第41 回全国大会「SETO の都 香川たかまつ大会」がオンラインにて開催され、さいたまYEGからも多くのメンバーが参加しました。
 
当初現地開催で予定されていた全国大会でしたが新型コロナウイルス感染症の蔓延により残念ながら完全オンラインに変更となりました。しかしながら木村麻子大会会長をはじめとする香川県連の皆様の最後まで諦めずに最善を尽くす姿勢は大会テーマであるStep to the future ~未来への前進~を見事に表現する素晴らしい設えでした。
 
また、現地開催の醍醐味である他単会との交流もオンラインサテライト会場を設けることで味わうことが出来ました。
 
今回の全国大会を通して様々な社会問題を乗り越えて更に発展へと導くモデルを見出し、素晴らしい持続可能な未来を作り上げるといった意識変革の機会になりました。
 


「ヤングリーダー研修会」草加大会

2月12日(土)に「ヤングリーダー研修会 草加大会」がオンラインで開催されました。  
      
新型コロナウイルス感染拡大の影響により直前でオンライン開催に変更となりましたが、単会を超えて活躍している県内YEGメンバーの姿や大会の内容は、皆様の研鑽につながるものだったのではないでしょうか。
  
今回ご参加いただいたことで他単会との交流や、YEGの魅力や楽しさを改めて実感するきっかけとなりましたら幸いです。



2月事業「政策提言に関する事項」 DXって何?から始めようDX

さいたまYEG 政策提言委員会です。
 

政策提言委員会では2月7日にDXって何?から始めようDX!という事業を行いました。
 

政策提言活動がどのようなことなのか活動内容を説明し、さいたま市のDX推進の最前線に立たれている、NTT東日本の長井健太郎様に講演を頂きました。
より一層DXについて知ることでさいたま市、NTT、親会の進めるDX化の後押しも期待できます。                                         

 

地域や商工業活動の発展に向けた政策提言の具体的な活動内容を知って頂くことで、今後ともに政策提言活動を行う環境づくりを目指しました。
 

 
※DXって何?から始めようDXダイジェストはこちら


新入会員オリエンテーション

12月3日に新入会員を対象としまして、新入会員オリエンテーションを大宮のJA共済埼玉ビルにて開催いたしました。
 

第一部では、事務局の担当者より商工会議所の性格、サービスなど解説頂きました。その後経験豊富なさいたまYEGの歴代会長の方々にご協力頂きまして、新入会員の疑問、質問、悩みにお答えいただきました。歴代会長の貴重なお話は、新入会員にとって今後のYEG活動に参加するうえでとても参考になりました。
 

第二部では、ボウリング大会を行い新入会員とメンバーが一つのチームとなり交流することで、新たな出会いと同じ年度に入会した同期としての関係を深めることが出来ました。
 

今回のオリエンテーションでは、学び、遊びを通して改めて人と人とが対面で接することの大事さを実感するか事が出来ました。
 


##

##

##

##

Scroll Up