さいたまYEG Blog

「 ブログ一覧 」一覧

11月例会 YEGの日「防災博」

11月17日(土)に大宮第2公園でさいたま商工会議所青年部主催の「防災博」を晴天の中開催する事が出来ました。

 

さいたま市防災課長様から開会時に災害への講話をして頂き、消防局の皆様には、AED体験、水消火器体験、煙体験、起震車体験をしていただきました。公園利用者の方には特に起震車が人気でした。実際に震度7を体験できる貴重な機会となりました。

 

また防災食であるアルファ米カレーの試食コーナーも設け、実際の非常食も食べて頂きましたが、思った以上の人気で売り切れてしまいました。建物内部のギャラリーでは、今年度の視察研修旅行で熊本地震の被災状況を目の当たりにした事もあり、現地の写真を展示し、さいたま市の各地域のハザードマップも陳列しました。

 

防災アドバイザーの経験があり、今も実際に被災地で活動している方からは、避難所運営訓練「HUG」を教材とした、研修を行っていただきました。7人1グループとして約1時間行い、各テーブルとも大変盛り上がっていて、普段交流の少ないメンバーとも交流する事が出来ました。

 

また、当日は岐阜県連恵那YEGメンバー、千葉県連柏YEGメンバー、埼玉県連春日部YEGメンバー数名も遠方から駆けつけてくださいました。懇親会もご参加頂き、地域の垣根を越えて交流する事が出来ました。

 

 


11月事業「さいたま婚活2018」

11月3日(土)に、さいたまスーパーアリーナtoiroにて「さいたま婚活2018」を開催いたしました。

 

今回も男女あわせて、約300名の皆様にご参加をいただくことが出来ました。

 

「さいたま婚活」も今回で7年目、8回目の開催となり、毎年多くのご成婚の報告をいただける事業に成長してまいりました。

 

今回は従来の設えに加え、「婚活アプリ」を開発・導入することで、より参加者の皆様のお力になれる婚活を目指しました。

 

またイベントの一つとして150対150の本気の自己紹介「お見合い大回転~人生でもっとも重要な30秒~」を企画いたしました。

今までいただいたご要望の中で、「少しでもいいから皆と話したい」「自分から話せないから、話せる機会がほしい」などの声が多くあがっており、それに応えるべくこのイベントを取り入れました。

300人が一斉に話し始める瞬間は鳥肌が立つほどの高揚感を感じる瞬間であり、参加者皆様の本気も強く伝わってきました。

 

「婚活アプリ」においては、「アクションボタン」や「勇気のボタン」、「チャットルーム」などで参加者の声と直に向き合うことで、非常にライブ感のある婚活になりました。

 

婚活イベント中はDJブースやカップルシートを設けることにより会場を盛り上げました。

 

それらの甲斐もあり、過去最高のカップル成立に繋がりました。

 

新しい試みが多い婚活事業でしたので課題は沢山残す結果となりましたが、笑顔溢れる婚活になったと思います。

 

最後に、今回ご参加いただいた皆様をはじめ、ご協賛・ご協力いただきました全ての方々に厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

 


10月事業 さいたま市商工業イメージアップキャラクター募集

10月事業 さいたま市商工業イメージアップキャラクター募集
11代目さいたま小町・源氏最終オーディション

 

10月20日(土)JR大宮駅西口イベントスペースにて、10月事業 『さいたま市商工業イメージアップキャラクター(さいたま小町・源氏)募集』が行われました。

今年は『過去最大の応募数を目指す!』『さいたま小町・源氏のオーディションをさいたまの一大イベントにする!』の2点を委員会テーマに掲げました。
6月から8月まで駅や学校などにポスターを貼ったり、“Instagram”を活用しての告知・募集を行うことで、見事過去最大の応募数を達成することができました。

1次書類審査では30名を選抜。プレゼン形式でおこなった2次面談ではファイナリスト11名を選出しました。

最終オーディションにおいては、ともにさいたま観光大使である「10代目さいたま小町」と「球舞」が共演しステージを盛り上げ、多くの観衆から注目を集めました。

選考会にご協力いただいた来賓の方々並びに、当日会場に足を運んでくださいました皆様に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

今後とも11代目さいたま小町のふたりをよろしくお願いいたします。

 

温故知新 passion for the future 地域振興委員会

 

     


9月例会「髙田明氏オープン講演会」

平成30年9月19日(水)にさいたま商工会議所青年部主催で、
(株)ジャパネットたかたの創業者 現(株)A and Liveの代表取締役である髙田明氏を講演者にお招きし、『夢持ち続け日々精進』をテーマにオープン講演会を開催致しました。

 

髙田明氏は、常に今を生きてこられ ご自身の歴史を振り返りながら、「伝える力」の大切をお話していただきました。 長年にわたりラジオやテレビ通販でのMCをしてきた方なので、テレビではおなじみの髙田明氏。
髙田明氏のお人柄のおかげで来場者数約1000人の講演会となりました。

 

来場者の方からは、力をもらえた。今の大切さを大事にする。聞いてよかった。など、お礼の言葉が多数あったことで、とても好評な講演会となりました。
ご来場された方、ご協力していただいた方、皆様には心より御礼申し上げます。

 

さいたま商工会議所青年部は、今後も地域の皆様の期待に応えられる講演会を開催して参ります。

 

 


日本商工会議所青年部 関東ブロック大会 埼玉かすかべ大会

10月27日(土)日本商工会議所青年部 関東ブロック大会 埼玉かすかべ大会が行われました。

 

催行人数が2500名という大規模な集まりの中で、商業の発展と豊かな地域社会の形成に果たす商工会議所の役割を認識し、その実現のために青年経済人として何をすべきかを研究し研鑽する事を目的としています。 これまで諸先輩方が多くの情熱を注ぎ、関東ブロック商工会議所青年部連合会、埼玉県商工会青年部連合会の他単会との絆を築きあげてきました。 その絆を更に深めるため、さいたまYEGからは約80名が参加となりました。

 

開催地テーマは『感孚風動』(かんぷふうどう)人の心を感動させ、感化すること。記念講演は 茂木 健一郎 氏。チャレンジと踏み出す勇気を感じ取れる人の魅力とをお話いただきました。

 

そして分科会では春日部らしさを感じる、春日部の地でしか体験出来ない魅力的な分科会に参加しました。隣接する春日部の地の事業にふれる事により、さいたまYEGメンバーの更なる研鑽となりました。

 

大会の最後に行われた大懇親会では関青連他単会メンバーとの交流、親睦、絆を更に深めました。この感動を持ち帰り、熱い情熱を未来へつなぎ、これからの企業活動に活かしてまいります。 主管された春日部YEG及び埼玉県商工会議所連合会の皆様ありがとうございました。

 

「温故知新」 ~passion for the future~ 2018年度 執行局 運営委員会 一同

 

 

          

     


『さいたま婚活2018』のホームページ

7月24日(火)、『さいたま婚活2018』のホームページをスマホでもみやすいページにリニューアル開設し、ホームページにて応募受付を開始しました。

 

また、ポスター・チラシを作成し、『さいたま婚活2018』を設営する地域事業委員会と連携して、さいたま市の各駅や市民会館に依頼して、設置させていただきました。
約500名在籍しているさいたまYEG会員の事業所にも、設置させていただきました。
そして、毎年掲載しているさいたま市報の8月号にて、『さいたま婚活2018』の告知をしました。

 

さらに、新たな広報活動の取り組みとして、インターネット・SNSが年々身近なものになっていることにも着目し、FACEBOOK広告に掲載しました。

 

多くのさいたま市民の方々に『さいたま婚活2018』を周知することができたことで、募集人数を大きく上回る申し込みがありました。

 

この場をお借りして、感謝申し上げます。

 

さいたま婚活2018 ~新しい出会いの扉 お開けします love for the future~

ご参加いただくみなさまにとって、
素晴らしい出会いがあることを祈念いたします。
そして、来年以降もさいたま市民のみなさまに愛されるような事業へと進化し、永続的に継続できるような事業へと育て、さいたま市の未来繁栄の一助となれるように努力してまいります。

 

どうぞ今後のさいたま婚活にもご期待ください。

 

 

さいたま婚活2018 ホームページTOP

https://saitama-konkatsu.com

 

さいたまYEG  Facebookページ

https://www.facebook.com/SaitamaYEG/

 

 

さいたま婚活2018 設営の様子

   

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存


日本商工会議所青年部(日本YEG)役員会

10月10日(水)、11日(木)に、ラフォーレ清水園にて、日本商工会議所青年部(日本YEG)役員会が行われました。

 

日本YEGはさいたまYEGを含め全国416の単会が加盟しており、第273回役員会がさいたまの地で開催されました。開催地であるさいたまYEGは役員会が滞りなく進行できるよう、全体の設営を担いました。

 

駅から会場までのご案内、受付、会議会場および懇親会の設えなど、多様で長時間に渡る設営となりましたが、多くのさいたまYEGのメンバーが参加したことにより役割を分担しながら各自で責任をもち設営に協力し、2日間滞りなくスムーズに役員会を進めることが出来ました。

平成30年度日本YEG会長内田茂伸様をはじめ、全国各地のYEGの仲間の笑顔と共に「お疲れ様です!」「ありがとう!」と声を掛けて頂けたのは、さいたまYEGのおもてなしの心と熱い情熱が伝わったものと感じました。

 

このような大きな行事の設営を担うことは、今後のさいたまYEGの活動に活かされることはもちろんですが、地域を越え、全国の同士と集い、想いを語る素晴らしさを各メンバーが感じられたことが最大の成果であり、今後のさいたまYEGの力となることと思います。

 

全国各地から、さいたまへ脚を運んでくれた日本YEGの皆様、ありがとうございました。

 

  


8月例会「納涼会」

8月22日(水)アルタビスタガーデンにて8月例会「納涼会」が行われました。
今回は例会でありながら一風変わった設えをしました。

 

一つ目は、納涼会を例会として設営する事です。

例年では納涼会と例会を分けて行われておりましたが、今年度はあえて納涼会を例会として行う事で会員同士がより交流と親睦計れる場にしたいという想いからです。

 

二つ目は、例会でありながらドレスコード無しという事です。
近年全国的に暑さが厳しいという事もあり、多くの方にドレスコード無しにする事で納涼会に参加して頂き、楽しんでいただく事が出来ました。

 

三つ目は、OB会員の先輩方をお招きさせて頂きました。
例会にOB会員の皆様をお招きする事はあまり無いですが、会員の枠を超えた交流をして頂き、今年度会長の掲げる温故知新を感じると共に、先輩方からの忌憚のないアドバイスを頂ける機会になるようご参加頂きました。

 

 

内容としては、中盤にはDJを用意し、音楽とダンサーによるダンスを食事と共に楽しんでいただきました。

 

後半には委員会報告・告知を放映し、会員の皆様に今年度のさいたまYEGの活動の成果と、今後の活動をより知って頂きました。

 

 

ご参加頂きましたOB会員の皆様、最後までお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

 

 

   

保存保存

保存保存


9月事業『研修と交流の集い【上尾大会】』

9月8日(土)に行われた『研修と交流の集い 上尾大会』に参加してきました。
研修と交流の集いは埼玉県商工会議所青年部連合会の二大事業の一つです。県内14の単会が一堂に会し会員の資質向上のための研修と、会員同士の交流を目的としています。

さいたまYEGからは100名を超える登録がありました。
前半は研修を目的として元横浜市長の中田宏氏の講演を拝聴しました。地域の活性化をテーマとした講演内容に真剣に耳を傾けるメンバーの姿が印象的でした。講演後の質疑応答ではさいたまYEGメンバーからも質問をさせていただき、芯のある返答に心から感心し、中田宏氏の人柄を感じることができました。

後半は交流を目的として全体懇親会が開催されました。ランダムに席を決めることでそれぞれのテーブルで他単会の皆様と交流を図ることができました。

今回培うことができた知識や他単会との繋がりを今後のYEG活動の糧としていきたいと思います。

主管された上尾YEGの皆様ありがとうございました。

 

                

保存保存


7月例会「社会科見学」

7月29日(日)東京・両国の地におきまして、資質向上委員会による7月例会「社会科見学」を行いました。

 

通常、「社会科見学」と言えば工場見学や会社見学を思い浮かべると思いますが、もっと広義で考え、これからのYEG活動に役立ち、メンバーの資質を向上させることを目的とした設えを目指し、3本の柱を立てました。

 

一つ目は長い歴史と伝統を持つ「相撲」の興行団体である「公益財団法人日本相撲協会」の時代に合わせた運営(素晴らしい伝統や風習だが現代にそぐわないものの扱い方など)を、両国国技館内にある「相撲博物館」での相撲の歴史見学と併せて学びました。

 

二つ目は当日行われていた東京青年会議所主催の「わんぱく相撲 全国大会」を見学し、同じく地域社会の発展を目的とした他団体の事業を学ぶことで、これからのYEG活動の取り組みへの考え方や姿勢を掴むきっかけとしました。

 

三つ目は歴史と文化をふりかえり未来の都市と生活を考える場として開館した「江戸東京博物館」を見学することで、今年度のさいたまYEGのスローガンである「温故知新」をあらためて学び、メンバー一同今年のさいたまYEGどのようにしていくかを再確認することが出来ました。

 

限られた時間の中でたくさんの内容を詰め込みすぎた部分もありますが、知っているようで知らなかった制度や伝統、あまりにも身近すぎて普段行ってなかった場所の見学など、「もう少し見たかった」などの意見もありとても充実した社会科見学でした。

 

例会終了後は開催場所での流れも考慮し「ちゃんこ屋」での懇親会も開かれ、さいたまに着くまでとても楽しい一日が過ごせたと思います。

 

  

保存保存


##

##

##

##

Scroll Up