さいたまYEGとは

委員会紹介

委員会紹介




参加率向上戦略委員会

  • 局 名 参加率向上戦略室
  • 担当局長 仁部 武士
  • 委員長 石原 涼一
  • 副委員長 景山 正映
  • 幹 事 井出 龍治、稲葉 由香里
  • 基本方針
    参加率とはYEG全メンバーのうち例会、事業に参加したメンバー数の割合と定めます。その参加率の向上のために各委員会と広く深く連携しYEG活動の意義、楽しさをメンバー同士が実感できるようなツールの作成と会長の会員訪問のサポートをします。
    9月に行われる「研修と交流の集い秩父大会」では県内YEGとの交流、メンバー同士の親睦が深められるように一人でも多くの参加を呼びかけ 県連事業への参加の楽しみを実感していただきます。
    「日本一の仲間と共に」当会の素晴らしさを改めて実感していただけるよう様々なことにチャレンジし、2月の活動発表会では数値の向上により スマイルになれるよう努力します。

▲ ページトップに戻る


総務委員会

  • 局 名 執行局
  • 担当局長 江島 理
  • 委員長 鈴木 宗一
  • 副委員長 高橋 彰宏
  • 幹 事 野中 優子、宮城 洋平
  • 基本方針
    日本一の会員数を誇る名誉あるさいたまYEGの会員手帳の作成、及び 会の方針や重要事項の決議を行う年間3回の通常会員総会の企画・運営など、総務委員会の担う役割の重要性を委員会メンバー全員が自覚し、緊張感をもって堅実に活動していきます。
    会員手帳においては、今日までの歴史を継承しつつ、メンバー同士のより強固な絆を築く為に役立つ、正確かつ親しみ深い会員手帳の作成を目指します。また、総会においては委員会メンバー同士協力し、円滑な運営を行う事は勿論のこと、会員数日本一、出席者数日本一の総会を目指し、委員会メンバーが一丸となり、事前準備、活動をしっかりと行います。
    委員会活動を通じ、メンバー同士が目標や熱い想いを共有することにより、一体感のある充実した楽しい委員会運営を行っていきます。

  • 紹介動画

▲ ページトップに戻る


広報委員会

  • 局 名 執行局
  • 担当局長 江島 理
  • 委員長 加賀ア 彰人
  • 副委員長 笹沼 尚哉
  • 幹 事 小林 司、竹ノ内 瑞史
  • 基本方針
    さいたまYEGの活動を内外へ周知すべく情報発信をします。 ホームページの更新、エンジェルタッチの普及といった既存ツールによる広報活動から発展するべく、さいたま市の地域イベントであるさいたまシティマラソンへ参加しPR活動を行います。
    さらにさいたまYEGの価値を高め、活動の相互理解を深めるためブランディングを行います。メンバー一人ひとりが、YEGメンバーである事を誇り、利益を享受する為の礎を築きます。
    また全国大会岩見沢大会への参加により全国規模の交流を図り、志新たに各々のビジネスやイマジネーションの創造、改善の足掛かりとなる事業を行います。

▲ ページトップに戻る


会員拡充委員会

  • 局 名 拡充局
  • 担当局長 野澤 道明
  • 委員長 長道 聡
  • 副委員長 長島 裕之
  • 幹 事 篠崎 大介、渡 健
  • 基本方針
    『日本一の会員数を誇るさいたまYEG』をさらに魅力ある会にする為、我々のかけがえのない「財産」となる「仲間」を増やすべく、メンバーや諸先輩方、地域から情報収集を行い、会員拡充に挑戦します。
    新人研修委員会と連携し、出向というかたちで当委員会に配属される入会後の3か月で、AT操作、事業紹介などの基礎知識を学んでもらう体制を整えると共に、より多くのメンバーに認知して頂く為の新人紹介データを作成します。
    10月の「関東ブロック大会藤枝大会」では、目標参加者数100名を掲げ、単会のみならず他単会のメンバーや地域文化にふれる事で、新入会員も参加して良かったと「笑顔」になれる運営を行います。

▲ ページトップに戻る


新人研修委員会

  • 局 名 会員局
  • 担当局長 野澤 道明
  • 委員長 鳥井 義兼
  • 副委員長 村越 秀雄
  • 幹 事 国府田 俊介、南まゆ子
  • 基本方針
    ブランディング活動が功を奏し、多数の新入会員を迎える近年、さいたまYEGの力を更に活性化させて行く為には、さいたまYEGの未来である新入会員の継続した活動への参加が不可欠だと考えます。
    当委員会では、年2回の新人オリエンテーションを実施すると共に、事業への参加や日々の活動のフォローを通じ、YEGの魅力を肌で感じながら、新入会員それぞれが「仲間」というかけがえのない「財産」を築き、共に活動したいと感じられる環境を創出します。
    また、3月例会「卒業式」では、新入会員が主体的に事業の企画・運営を協働しながら実施する事で仲間との絆を、そして卒業生やOBとの交流を通しその歴史にふれる事で更なる理解を深めます。

▲ ページトップに戻る


リーダー育成委員会

  • 局 名 第一研修局
  • 担当局長 遠藤 貴輝
  • 委員長 大戸 浩二
  • 副委員長 坪 篤志
  • 幹 事 小岩井 忠、渡邊 裕和
  • 基本方針
    当委員会は、面白い研修事業を通じてさいたまYEGメンバーの参加率向上にチャレンジします。5月・8月例会では、リーダーの資質向上を図る「自己向上研修」を行い、業種や地位にかかわらず、共通してリーダーに必要な心構え・考え方・知識を学べる場を提供します。
    また、2月の「ヤングリーダー研修会熊谷大会」では、講演会・分科会に参加することが次代のリーダー育成につながると考えます。県内各単会のメンバーと広く意見交換、交流をし、今までより視野を広げられる機会の一助ともなる運営を行います。
    一年を通して、委員会メンバーが楽しく意欲的に活動し、事業や例会により多くのメンバーが参加するように貢献します。

▲ ページトップに戻る


教養委員会

  • 局 名 第一研修局
  • 担当局長 遠藤 貴輝
  • 委員長 神山 美由紀
  • 副委員長 加藤 雅弘
  • 幹 事 今井 洋子、原 耕介
  • 基本方針
    教養という言葉には、幅広い知識、創造的活力や心の豊かさ、物事に対する理解力をつけるという意味があります。まさに我々は、地域に貢献している青年経済人として教養を高めるように自己研鑽していかなければなりません。
    当委員会の担当である7月・10月例会は、様々な職種の人に対してメリットのある内容を企画運営し、メンバーのスキルアップが図れることを目的とします。何よりも例会に参加することで、日本一の会員数を誇るさいたまYEGの一員であることを実感し、メンバー同士の交流から幅広い知識を得ることが出来、自己研鑽に繋がるものと考えます。
    委員会運営においては、メンバー全員が一緒に事業を企画運営することにより連帯感や親睦を深め、委員会内においても互いの教養を高めるように努めます。

▲ ページトップに戻る


経営セミナー委員会

  • 局 名 第二研修局
  • 担当局長 平野 友紀
  • 委員長 浦野 一郎
  • 副委員長 川井 理砂子
  • 幹 事 安藤 光輝、米田 真人
  • 基本方針
    メンバー一人ひとりが資質を向上させて成長することが、自企業、地域社会、ひいては日本全体の成長につながります。当委員会は、経営に関する研修事業を行うことにより、青年経済人として資質の研鑽をつみ、自企業の発展を図り、もって我が国商工業の発展に寄与することを目的とします。
    私たち20代〜40代という世代は、知識・経験・思考の幅をより広げて、会社のみならず家族や地域社会の代表として経営の舵を取らなければなりません。そこで当委員会では「目的がいかに大切かを意識する」「青年経済人としての積極性を身につける」という2点に重点をおき、会社の経営はもちろん人生全般の経営に必ず役立つ研修を行います。
    メンバーにはその研修を心で感じてもらい、学ぶことで積極的な行動に移すことができるよう、委員会一丸となって活動していきます。

▲ ページトップに戻る


ビジネス委員会

  • 局 名 第二研修局
  • 担当局長 平野 友紀
  • 委員長 田中 勇一
  • 副委員長 山口 治夫
  • 幹 事 藤岡 実、松岡 貴幸
  • 基本方針
    我々は青年経済人として日々研鑽し未来永劫に発展し続けなくてはなりません。また、自分自身の成長なくしては、会社はもとより地域の発展も望めません。そこで当委員会ではビジネスに役立てることを最重点課題として、また、地域の方々と共に学びYEGのPRも兼ねた講師例会を開催します。
    また、メンバー同士のビジネス的交流を深めお互いの繁栄と共に地域経済の発展に貢献することを目的としてビジネス交流会を開催いたします。 これらの事業によって参加者全員が経営における気づきやスキルアップ、売上の向上に繋がるよう、委員会を運営していきます。

▲ ページトップに戻る


会員親睦委員会

  • 局 名 交流局
  • 担当局長 岡部 勉
  • 委員長 新井 太久夫
  • 副委員長 中泉 翔
  • 幹 事 新藤 友啓、関根 由樹
  • 基本方針
    幅広い年齢や業種が違う多くのメンバーと親睦を深め、仲間づくりをし「関係深化日本一」を目指します。4月例会では、昨年度、命名された「彩桜会(出発式)」として今年度の方向性を示し、賑賑しくも厳かに開催いたします。参加して頂く来賓にはおもてなしを、OBにはおもてなしだけではなく、メンバーとの交流の場を持ち関係を深めます。
    12月例会「忘年会」では商売繁盛と仲間づくりをし、成果をあげてきたメンバーとの懇親の場とし、笑顔が溢れる会とします。

▲ ページトップに戻る


地域事業委員会

  • 局 名 交流局
  • 担当局長 岡部 勉
  • 委員長 星 明彦
  • 副委員長 浦山 和也
  • 幹 事 張 優紀、望月 諭
  • 基本方針
    今年度で6回目を迎える「さいたま婚活」は、これまで携わってきたメンバーの活躍により、さいたまYEGの積極果敢な活動を内外に示すブランド事業として定着しつつあります。委員会メンバー各々がこれを自覚し、次年度以降も開催されるイベントとして、今までの歴史を引継ぎ、更なる発展へ貢献できるよう、企画します。
    「主役は参加者」であることを常に念頭に置き、参加者はもちろん、メンバーからも笑顔が生まれるような設えを提供します。「さいたま婚活」を通じて、地域の未来の発展へ貢献するとともに、さいたまYEGの活動が引き続き市民や地域、行政並びに関係諸団体に支持され、共感が得られる事業にします。

▲ ページトップに戻る


未来交流委員会

  • 局 名 渉外局
  • 担当局長 稲田 太一
  • 委員長 石倉 和馬
  • 副委員長 平澤 めぐみ
  • 幹 事 五十嵐 政輝、河合 秀明
  • 基本方針
    さいたまYEGが選出する「さいたま商工業イメージアップキャラクター」は、産業観光PR活動を通じて、地域貢献の役割を担ってきました。 9代目となる「さいたま小町・源氏」が、今まで以上に活躍の場を広げ、さいたま市のみならず多くの地域の人々からさいたま市のPRシンボルとして認知される為に、より個性や特技を活かしたキャラクターを見出す選考方法を企画します。
    活動期間中は、歴代さいたま小町・源氏が積み重ね築いてきた成果を受け継ぎ、地域活性の為に多く求められる存在となるようサポートします。

▲ ページトップに戻る


対外交流委員会

  • 局 名 渉外局
  • 担当局長 稲田 太一
  • 委員長 正木 岳晴
  • 副委員長 富沢 雅紀
  • 幹 事 倉澤 幸恵、田中 幸治
  • 基本方針
    メンバー同士が同じ時間を共有し企業経営に役立つ知識、経験を語り合える事業を企画、運営をしていきます。視察交流旅行では、多くのメンバーに参加して頂く為に視察先の方々と交流を深め、そこで受け継がれる地域の伝統などから自企業の発展に結びつく新たな学びを得られる事業にしていきます。
    また、1月例会「賀詞交歓会」では、来賓、OBの方々に対してのおもてなしと同時に交流を深める場とし、メンバー同士が交流することで参加者が楽しめる場となるよう努めます。
    以上の事をふまえ質の高い事業を作り、さらに地域経済の発展に繋がるような運営をしていきます。

▲ ページトップに戻る


地域振興団

  • 統括団長 佐藤 秀樹
  • エリア団長 志水 富幸、清水亮佑、宇野 三花
  • エリア副団長 古川 一就、原 慎一、石井 貴朗
  • エリア幹事 棚橋 克哉、前田 和義、脇坂 和洋、内山 泰伸、岡田 知大、森田 浩司
  • 基本方針
    メンバー一人ひとりが親睦を図りながら、地域にしっかりと根差した活動をしていけるよう1年を通じ運営していきます。
    各エリア団の特徴を活かしたエリア交流会を主催し、また地域で開催されるお祭りやイベント等の事業に積極的に参加することにより、さいたまYEGの認知度を向上させていきます。そしてさいたま市の地域振興の一翼をも担っていきます。
    毎月の会議や懇親会を有意義に過ごせるよう一致団結し、情報交換や連携を密にすることでエリアの枠を飛び越えた交流がしやすい環境を整え、参加率向上を目指します。そして更なる商売繁盛や仲間作りにも結び付くように活動します。

▲ ページトップに戻る


Yエリア団

  • 局 名 地域振興団
  • 統括団長 佐藤 秀樹
  • 団 長 志水 富幸
  • 副団長 古川 一就
  • 幹 事 棚橋 克哉、前田 和義
  • メンバー 岩槻区 他
  • 基本方針
    Yエリア団は、伝統ある岩槻まつりの運営や地域事業へ積極的に参加し、次代を見据え新しい事にもチャレンジしていきます。
    そして事業の成功に向けメンバーが全力で取り組み、達成感や充実感を共に分かち合い笑顔の絶えない最高の一年にすることにより、地域での認知度向上および会員拡充を図っていきます。
    また、EエリアとGエリアとも密に連携・交流を深め、多くの事業を通じて地域経済の活性化の一翼を担い、さいたまYEGの絆をより一層強めていきながら、参加率向上とメンバー同士の更なる商売繁盛の促進を目指します。

▲ ページトップに戻る


Eエリア団

  • 局 名 地域振興団
  • 統括団長 佐藤 秀樹
  • 団 長 清水 亮佑
  • 副団長 原 慎一
  • 幹 事 脇坂 和洋、内山 泰伸
  • メンバー 大宮区、北区、西区、見沼区 他
  • 基本方針
    今年度Eエリアでは、地域の歴史を学ぶことで地元愛を醸成し、先輩方や仲間たちと親睦を深める場を創造します。 「中山道まつり」や「薪能」などの運営補助は勿論、地域の歴史を学ぶ機会を設けることで、地元をもっと知り、もっと好きになれるような事業を行います。また、エリアメンバー同士の親睦の機会を定期的に設け、多くのメンバーに集まっていただくべく、団長以下全員で積極的に声掛けをします。
    会員数日本一のさいたまYEGの長所を活かすため、エリアの枠を越え、各エリアとも積極的に交流を深めます。

▲ ページトップに戻る


Gエリア団

  • 局 名 地域振興団
  • 統括団長 佐藤 秀樹
  • 団 長 宇野 三花
  • 副団長 石井 貴朗
  • 幹 事 岡田 知大、森田 浩司
  • メンバー 浦和区、南区、桜区、緑区、中央区 他
  • 基本方針
    多くのメンバーが所属するGエリア団では、今年度も継続してメンバー同士の親睦交流を深めるほか、エリア内においては、青年経済団体としてのさいたまYEGの活動を一人でも多くの方に理解していただくために、積極的に地域事業に参加し知名度を上げていきます。
    毎年恒例になっている浦和おどりでは、私たちメンバーの若い力を発揮し、さらにYEGの活動内容などのPRをしていきます。そして今年度は全事業での出席向上を促進し、メンバーが参加しやすいYEGを目指します。
    また、地域振興団が連携して活動することにより、お互いのエリアでの相互理解を深め、たくさんのスマイルが更に増えることを目的とします。

▲ ページトップに戻る