さいたまYEGとは

委員会紹介

委員会紹介




総務委員会

  • 局 名 執行局
  • 担当局長 田原 直樹
  • 委員長 鎌田 泰丈
  • 副委員長 野口 一信
  • 幹 事 武井 洋人、仁部 武士
  • 基本方針
     会員数では全国屈指のさいたまYEGとしての自覚を持ちつつ、名実共に日本一と評価される会となることを目指し、会員一人ひとりが真剣な活動を行い、汗を流す中で、充実した楽しさを実感していただくための基盤づくりの一助となる作業を行います。さいたまYEGのメンバー同士がつながり、交流が深まるためのアプローチとなる会員手帳及び名刺の作成を初めとし、会の重要議案を決する年3回の通常会員総会が円滑かつ活気にあふれた会となるよう、合理的かつ堅実な運営を目指します。また、当委員会の個性を生かし、委員会メンバーと真剣に話し合いながら独自性のある充実した楽しい委員会運営を行っていきます。

▲ ページトップに戻る


広報委員会

  • 局 名 執行局
  • 担当局長 田原 直樹
  • 委員長 荒井 哲
  • 副委員長 池亀 純一
  • 幹 事 紅谷 弘二、森田 浩司
  • 基本方針
     当委員会は、様々な広報活動を通じ、メンバー一人ひとりのさいたまYEGの活動の理解・意識を高め、会員同士の交流・コミュニケーションの活発化を目指します。まずは、ホームページ、エンジェルタッチ、SNS、YEGモール等のさまざまなツールを活用し、さいたまYEGの活動、各会員の情報をタイムリーに発信し、団体としての活動にとどまらず、一人ひとりのメンバーの紹介やビジネスPRを行います。また、当委員会は、広報活動を通して諸委員会と広く連携し、ひいては広報委員会の枠にこだわらない自由なスタイルで楽しく会の活動を行います。

▲ ページトップに戻る


会員拡大委員会

  • 局 名 拡充局
  • 担当局長 足立 和徳
  • 委員長 星 明彦
  • 副委員長 内田 雅士
  • 幹 事 浦山 和也、神山 美由紀
  • 基本方針
     「明るく 楽しく 元気よく」をモットーに積極的に会員拡大に努めます。地域の将来有望な人材を発掘し、ともに笑い、励ましあいながら社会貢献できる仲間を増やしていきます。
     すべての新入会員を紹介者と連携をとりながら徹底的にフォローし、YEG活動の意味や意義を深く理解してもらえるよう、その環境づくりにも力を注ぐものとします。
     各事業に、新入会員の5割以上が常に参加するという数値を目標として定め、楽しみと学びを両立させた新人研修委員会との合同委員会の開催をはじめ、各委員会との連携を図り、多くの仲間と出会う機会を設け、既存メンバーとの関係密度を高める活動を行います。
     また、当委員会メンバーによる取材を執り行い、新入会員紹介・企業訪問コラムを作成し、積極的なアピールも行います。
     3月事業「卒業式」では卒会者の思い出となるよう、OBと現役メンバーの深い交流の一助となるような企画運営を、新人研修委員会と共に創り上げます。

▲ ページトップに戻る


新人研修委員会

  • 局 名 拡充局
  • 担当局長 足立 和徳
  • 委員長 熊坂 創
  • 副委員長 今井 洋子
  • 幹 事 奥田 利生、横田 松博
  • 基本方針
     新入会員がYEGの魅力を深く理解し楽しく事業に参加できるよう、会員拡大委員会との合同委員会を開催し、研修とフォローを行います。またエンジェルタッチの活用指導等、YEG活動が円滑に行える仕組みを伝えます。
     当委員会では「参加しやすく したくなる わくわくする活動」をモットーに、各事業への出席率5割以上を目指します。そして会員親睦を図りながら、自己研鑽・地域貢献・ビジネスチャンスの場を経験することで、YEG活動の基盤を創ります。
     3月事業「卒業式」では卒会者の思い出となるよう、OBと現役メンバーの深い交流の一助となるような企画運営を、会員拡大委員会と共に創り上げます。

▲ ページトップに戻る


研修委員会

  • 局 名 研修局
  • 担当局長 早坂 直喜
  • 委員長 石倉 和馬
  • 副委員長 宮城 洋平
  • 幹 事 河合秀明、志水富幸
  • 基本方針
     会員数全国屈指のさいたまYEG。その魅力のひとつには、メンバー同士の親交がお互いの意識高揚へと発展し、それが地域社会発展への大きな原動力となることが挙げられます。
     その為には、メンバー同士が互いの理解を深め、信頼関係を作ることが重要であると考えます。  そこで5月事業では、ディスカッション形式での参加型研修会を行い、メンバー同士の議論の場を設け、ひとつひとつの出会いをより深い関係に変える研修事業を行います。
     また、「関東ブロック大会」では、単会内部のみならず、他単会のメンバーや、地域文化に触れることで、視野・見識をさらに広げていきます。
     各研修を通じ、自企業のさらなる発展へのヒントを見出だし、そこから地域社会の発展へと繋げていきます。

▲ ページトップに戻る


視察委員会

  • 局 名 研修局
  • 担当局長 早坂 直喜
  • 委員長 原 耕介
  • 副委員長 渡 健
  • 幹 事 小杉 厚、平澤 めぐみ
  • 基本方針
     いまだ先行きの見通せない我が国の経済情勢の中、我々青年経済人はそれぞれの社業に苦労しつつも誇りを持ちながら日夜奮闘しております。
     企業経営に役立つ知識は自ら得た経験のみならず、他の様々な試みや地域に脈々と根付く伝統など、外部に目を向ける事によって新たに学び得られる事も多いのではないでしょうか。当委員会は異業種からの情報収集を積極的に行い、会員企業の経営に役立つ活動を行っていきます。そこで視察交流旅行と全国大会を通じ、他の地域にあって志を同じくしているYEGの仲間とより交流を深めて行きます。また、相互理解から、普段では得られない新たな知識を習得し、一つの気づきを得られるような事業を行います。
    その知識を積み重ね、気づきを実践に移し行動することから、自企業の発展に繋げ、さらには地域経済の発展に繋げていきます。

▲ ページトップに戻る


会員交流委員会

  • 局 名 交流局
  • 担当局長 村上 武白
  • 委員長 稲田 太一
  • 副委員長 加藤 歩
  • 幹 事 橋本 努、中泉 翔
  • 基本方針
     当委員会では、担当する事業を通じて、新たな仲間と人間関係を深め活発に交流できるような場を提供していきます。
     さいたまYEGの中には無限の可能性が存在しています。OBや他団体との交流はもちろんですが、なによりもこの400名以上のメンバーが交流し理解を深める事により、多くの可能性やチャンスに繋がると考えます。
     当委員会の事業を通じて、楽しく充実したYEG活動が出来るメンバーが一人でも増えるような企画、運営を目指します。
     まず4月事業では、年度がスタートする一番最初の事業なので、スタートに相応しい気合の入る企画でスタートさせます。
     そして、12月事業の望年会は、呼びかけで来るのではなく、YEGメンバーが自ら足を運びたくなるような楽しい企画をし、誰もが望む会にしていきます。

▲ ページトップに戻る


対外交流委員会

  • 局 名 交流局
  • 担当局長 村上 武白
  • 委員長 五十嵐 政輝
  • 副委員長 田畑 寛樹
  • 幹 事 山口 治夫、長道 聡
  • 基本方針
     YEGにおける交流の原点は、優れた経営者となるべく自らの研鑽を惜しまず、愛する地域を発展させたいという強い想いであり、その想いが出会いを絆へと発展させ、渋沢栄一翁の「論語と算盤」にある「士魂商才」を実現させられると考えます。
     当委員会では、埼青連をはじめ、関東ブロック、日本YEGの各種事業へ参加・協力する事によって得られる素晴らしさ、楽しさを伝えながらメンバーの想いを認識し、欲しい情報を受信するお手伝いを行います。
     また、各連合体を身近に感じる事が出来る様努め、たくさんの出会いを創出します。
     「絆を途切れる事無く連鎖させる」事こそYEG活動に必要不可欠なものであり、年度末事業「日本YEG今次役員会・納会」では、参加者をおもてなしするだけではなく、さいたまYEGメンバーの新たな交流を創出し連鎖させるような事業を目指します。本年を通じて、「SAI魂」を焦がし、たくさんの絆を築くため、当委員会を運営して参ります。

▲ ページトップに戻る


渉外事業委員会

  • 局 名 事業局
  • 担当局長 甲斐 康平
  • 委員長 篠崎 大介
  • 副委員長 安藤 光輝
  • 幹 事 川井 理砂子、佐藤 公則
  • 基本方針
     さいたま市の魅力のPRを託された商工業イメージアップキャラクターも今年度で8代目となります。これまでの伝統を尊重し、共に活動するにふさわしい人財を見つけるべく選考会を開催し、メンバー相互のコミュニケーションの深化とそれに伴う地域経済の発展を図ります。また新たな10年の最初の新春賀詞交歓会を関係各位・地域他団体を真剣におもてなしする交流の場としながらも、それを当会メンバー同士の交流の場としても重視し、その活発陽気なふれあいをもって質と量を備えたさいたまYEGの伝統と新しさを周知する機会とします。

▲ ページトップに戻る


ブランド委員会

  • 局 名 事業局
  • 担当局長 甲斐 康平
  • 委員長 小谷 英嗣
  • 副委員長 望月 諭
  • 幹 事 野澤 道明、南 まゆ子
  • 基本方針
     日々会員数を増やし精力的な活動を行ってきたこの11年間。
     婚活イベントや商工業イメージアップキャラクター等、多くの期待をさいたま市からも寄せられています。我々は、地域の方々やさいたま市に訪れる人がいてこそ商売ができると心から感じなければなりません。
     そこで、当委員会では、さいたまYEGをさまざまな手法、角度から検証し、地域に根付いたさいたまYEGとしてブランディングを行い、諸先輩方が築いた文化をより大きく飛躍できるよう企画運営を行います。8月事業オープン講演会では、我々と地域の方々が学び、楽しめるような講演を企画します。さいたまブランド開発では、親会商業部会の行っている内容を勉強しながら、青年経済人らしい自由な発想力を持って楽しく開発を行います。大きな期待を力に変えるため、委員会メンバーが、笑顔で交流し笑顔で協力する運営を行います。

▲ ページトップに戻る


地域活性委員会

  • 局 名 活性局
  • 担当局長 高橋 輝一
  • 委員長 岡田 淳
  • 副委員長 熱田 貴比古
  • 幹 事 秋山 康一、古川 一就
  • 基本方針
     今年度で4回目を迎える婚活事業は、これまでの担当委員会をはじめとするメンバーの活躍により、さいたまYEGブランドを内外に示す事業の一つとして定着しつつあります。参加者の出会いを演出するイベントとしての婚活事業を成功させる事はもちろん、婚活成果事例の蓄積や地域経済への貢献を目指し、次年度以降も開催される事を念頭に置いた活動をいたします。この婚活事業を担当するにあたり、まずは当委員会メンバーが楽しみながら準備をすすめ、YEG活動の楽しさを実感出来る委員会を目指します。
     また、地域の声として親会が行う政策提言に、さいたまYEGからも青年経済人の声として盛り込んで頂ける事を目指して活動いたします。

▲ ページトップに戻る


未来活性委員会

  • 局 名 活性局
  • 担当局長 高橋 輝一
  • 委員長 伊藤 良太
  • 副委員長 浦野 一郎
  • 幹 事 小峰 満希子、渡邊 豪
  • 基本方針
     地域の発展と未来の活性化なくして、我々のビジネスの発展もありません。当委員会は、「さいたま婚活」の企画運営を通じ、この地域に暮らす「人」に出会いの場を提供することで、地域の未来と地域経済の発展へ貢献することを目的とします。
     また、事業を円滑に運営するため、行政及び関係諸団体との連携を密にし、さいたまYEGの対外発信力をさらに高めます。
     日本YEG事業である「風会議」についても日本YEGと協力し、さいたま市での開催とさいたまYEGメンバーが積極的に参加できるようサポートを行います。
     これらの事業を進めるため、メンバー間の交流を深め、YEG活動の楽しさ、充実感を味わうことができる委員会を目指します。

▲ ページトップに戻る


地域振興団

  • 統括団長 遠藤 貴輝
  • エリア団長 前田 和義、岡部 勉、内田 正憲
  • エリア副団長 遠藤 哲夫、星 多美子、笹沼 尚哉
  • エリア幹事 大澤 佑介、堀江 雅臣、原 慎一、和氣 寿恵、江島 理、鳥井 義兼
  • 基本方針
     地域振興団は、毎月1回開催する地域振興団会議を通じて、各エリアの交流会・地域振興に関する事業の情報交換を行い、意見をまとめ、指示調整をします。また、各エリアの活動がYEG活動全体の活性化につながるよう議論・検討及び必要な支援を行います。
     新しい仲間が出来ることにより、商売、地域の発展につながると考えます。さいたまYEGに入会して良かった、参加して良かったと思ってもらえるように、各エリア団と調整をし、1年間楽しく活動していきます。

▲ ページトップに戻る


Yエリア団

  • 局 名 地域振興団
  • 統括団長 遠藤 貴輝
  • 団 長 前田 和義
  • 副団長 遠藤 哲夫
  • 幹 事 大澤 佑介、堀江 雅臣
  • メンバー 岩槻区 他
  • 基本方針
     今年度Yエリア団は、地域の為、ひいては未来を担う地域の子ども達の為に“馬鹿になろう”を掲げます。馬鹿になるとは一見してくだらないと思われる事であっても気にすることなく議論し合い、真剣に考え行動する事と考えます。岩槻まつり・やまぶき祭りの二大イベントを通じてまちの活性化に必要な青年部の活動意義を広くアピールします。また、家族イベントを企画しメンバーのみならず日頃支えてもらっている家族も一緒になって楽しめる空間作りをしていきます。
     新しい企画をやることによって、YEG活動に二の足を踏んでいるメンバーも誘いやすくなり、各エリアとの交流もしやすくなると考えます。何も しないよりは、まず行動し何年か先にあの一年がきっかけだったなと思われるような一年間にしていきます。

▲ ページトップに戻る


Eエリア団

  • 局 名 地域振興団
  • 統括団長 遠藤 貴輝
  • 団 長 岡部 勉
  • 副団長 星 多美子
  • 幹 事 原 慎一、和氣 寿恵
  • メンバー 大宮区、北区、西区、見沼区 他
  • 基本方針
     エリアの中には、まだまだ優秀な企業やメンバーが存在しています。我々、青年経済人は、地域発展の先導者となり、時には縁の下の力持ちでなくてはなりません。地域を知る、企業を知る、人を知る、その為に、地域、企業、人との交流をはかり、強い絆づくりに寄与できる場を創造します。仲間づくりの関係が強化されることで、地域、企業、人、それぞれのブランドが生かされ、地域への社会貢献とビジネスの発展に貢献し、計り知れない地域への経済効果につなげます。また、エリアの枠を越え、各エリアとの交流も深め、さらに大きなスクラムを組み熱く楽しい1年にします。

▲ ページトップに戻る


Gエリア団

  • 局 名 地域振興団
  • 統括団長 遠藤 貴輝
  • 団 長 内田 正憲
  • 副団長 笹沼 尚哉
  • 幹 事 江島 理、鳥井 義兼
  • メンバー 浦和区、南区、桜区、緑区、中央区 他
  • 基本方針
     Gエリア団は昨年度までの与野・浦和地区がひとつになり、さらに多くのメンバー間交流が期待できます。
     Gエリア団の主な事業の一つである浦和おどりでは、地域振興団が一丸となり、例年以上の参加人数で盛り上げ、さいたまYEGのPRに努めます。また、他の委員会のフォロー、各エリアの事業にも積極的に参加し、今まで以上にメンバー間の結束力を持った強い組織作りの一助となるべく活動していきます。そして、多くのメンバーが楽しく参加できるような交流会等を企画運営し、メンバー相互の交流を深めながら、様々な人との出会いを大切にし、情報交換でビジネスの輪を広げ、地域活性化と地域貢献に繋がる活動を行います。

▲ ページトップに戻る